Top >  キャピタルゲインとインカムゲイン

キャピタルゲインとインカムゲイン

FXの取引の中で利益を得る仕組みには、大きく分けて2種類あるということをご存知でしょうか。レバレッジの活用や利益を得る方法が複数あるなど、かなり効率の良い投資法だといえるFX。そんなFXの取引の中で、為替の値動きを利用して利益を得る為替差益であるキャピタルゲインと、金利差調整分を利益として受け取る金利差益であるインカムゲインについて知っておきましょう。

キャピタルゲインは、為替レートの値動きを利用して外貨を往復交換させることで利益を生む取引方法。たとえば、1米ドル=90円のときに米ドルを買っておいて1米ドル=95円に変動したときに売ると、1米ドルあたり5円の利益が出せます。この5円がキャピタルゲイン(為替差益)となります。FXではこれとは逆に「高く売って安く買う」という、「売り」からでも取引を行なうことができるので、取引の内容次第ではかなり効率よくキャピタルゲインを得ることができるんですよ。

またFXではこうしたキャピタルゲインのほかに、金利差で稼ぐこともできるんですよ。外貨はそれぞれの国において金利に差があるということはご存知かと思います。FXでは外貨の取引の中で、高金利の通貨を買って低金利の通貨を売ることで、その金利差調整分を利益として受け取ることができるようになっています。これをインカムゲイン(金利差益)と言い、2つの通貨の金利差のことをスワップポイントと呼びます。

一口にFX取引といっても、その取引の方法は多彩なもの。FXは、取り扱う外貨の種類や多彩な取引方法など、とても魅力的な投資法だと言うことができるのです。